今があなたのビジネスを開始するのに適切な時期であるかどうかを判断する4つの方法

今があなたのビジネスを開始するのに適切な時期であるかどうかを判断する4つの方法

今があなたのビジネスを開始するのに適切な時期であるかどうかを判断する4つの方法
起業家の貢献者 によって表明された意見は彼ら自身のもの
です。
新興企業のアイデアは、多くの場合、最良の時期には不確実性曇っています。かつてないほどの世界的な不確実性の真っ只中に、当分の間、そのような計画を棚上げすることが最善であると考えるかもしれません。 
実際には、それは実際に発売するのにこれまでで最高の時期かもしれません。健康への懸念と、オンデマンド製品にアクセスするための新しい方法への要望に照らして、仕事と販売の新しい方法に対する需要が高まっているため、スタートアップのアイデアはまさに必要なものになるでしょう。ここで決定する方法です。

あなたのビジネスアイデアが需要があるかどうか尋ねます

過去2か月の間に、現在必要なものと実際に利用可能なものとの間にどのような種類のギャップが存在するかがすぐに明らかになりました。迅速な検索により、サプライチェーンの問題がどこにあるのか、そして非常に必要な製品とそれらの製品を促進するサービスのための国内生産の欠如が明らかになります。 
今こそ、そのような問題の解決に役立つ種類の変更を作成するときです。この規模の危機に直面するのは、これだけではありません。問題は、ビジネスのアイデアが適切な役割を果たすかどうかです。存在する場合は、すばやく移動して、発売を加速する方法を見つけます。そうでない場合は、環境があなたの提案をより助長するまで待つ方が良いでしょう。 
関連:  起業家になりたいがどこから始めればよいかわからない場合に最初に自問する質問
アイデアが必要な場合は、提供を計画している組織に連絡してください。政府および民間の資金源に手を差し伸べて、財政を後押しし、製品をより迅速に市場に投入するための戦略を特定します。 

新しい需要を満たすためにアイデアを少しだけ変更または変更できるかどうかを判断する

小規模ビジネスのアイデアがまだプライムタイムの準備ができていない場合は、わずかな変更またはピボットで新しい需要を満たすかどうかを検討してください。ビジネスビジョンを変更したい場合は、次の良好な経済サイクルが戻るのを待つのではなく、必要な追加の調査を行う価値があります。 

関連:  実際にビジネスを今すぐ展開するための4つのアイデア
事業主は、現在の事業計画を変更する方法を模索し、そのために必要なコスト、リソース、スキル、タイミングを評価する必要があります。競争と資金調達の可能性を評価して、ピボットを可能にします。後で元のアイデアに戻ることもできます。ただし、今のところ、ピボットされたアイデアの実現可能性を判断するために、投資家やターゲットユーザーから得られる応答のタイプを検討してください。 
その評価が実行可能性を証明した場合、次に進むことができます。それ以外の場合は、計画を保留にする必要があります。  

新しいビジネスアイデアの立ち上げに役立つ助成金と資金を調達する

最大の決定要因の1つは、資金を獲得する能力です。ここでの課題は、進行中の危機のおかげで、現在利用可能な資金不足していることです。投資は全般的に落ち込んでいますが、大不況以来のCrunchbase の企業の資金統計の分析では、現在でも投資に値する特定のセクターやビジネスタイプ  があることが示されています。これらには、初期段階の企業と後期段階のベンチャーの両方が含まれます。たとえば、スラックは2009年にシードラウンドを開催し、クーパとボックスは同じ年にそれぞれCとB-1ラウンドを行いました。
関連:  自分のスタートアップを立ち上げるために資金を調達する5つの方法
周りの最大の企業のいくつかは、深刻な不況の間に実際に設立されました。General MotorsやDisneyからFedEx、IBM、Google、Salesforceまで、今日の最大の成功のいくつかは、大恐慌やドットコムバストのような景気後退の前または最中に立ち上げられましたこれらの企業は、ブートストラップされた予算で運営されているか、経済を軌道に戻すために必死に投資家から資金を受け取りました。 
ビジネスモデルが問題の解決に役立ち、人々を働かせることができると主張できれば、世界中の中小企業の成功の再燃を助けたいと考えている投資家を引き付けることができるかもしれません。また、The New Business Preservation Actのようなプログラムを探索してくださいこれらのプログラムへの政策立案者の焦点は、歴史的展望とともに、今日の新興企業で同じことを行うための前向きなフレームワークを提供するはずです。 

ビジネスのアイデアを根底から立たせるのに役立つ人材を探す

もう1つの重要な要素は、スタートアップに加わろうとする才能見つけ、そのような不確実な時間の間にチャンスをつかむことができるかどうかです私たちはグラフィックデザイナー、コーダー、仮想アシスタント、簿記係、コピーライターなどについて話しています。利用可能な人材の財政状態に応じて、彼らは株式ベースで働くことができる場合とできない場合があります。有能な人材に、彼らが新興企業で働くことを検討するかどうか、またどのような条件で行うかを尋ねます。
関連:  競争で最高の才能を失う8つの理由
または、現在、多くの新興企業の間で才能と時間を分け合っているフリーランサーを採用することもできます。とりあえず、このアプローチでは、起動に必要なスキルを身に付けることができます。後で、状況が改善してスタートアップが成長した場合、他のフリーランスの役割を離れてフルタイムで参加するように説得できるかもしれません。 
オンライン求人サイトや技術系人材紹介会社を通じて人材検索を開始して、関心と可用性を評価します。役割と機会の詳細な説明を提供する準備をしてください。 

一時停止ボタンを押すことは許容できる選択です

これがスタートアップのアイデアに適していないと判断した場合は、一時停止ボタンを押しても気にしないでください。これらの不確実な時間は過ぎ去り、あなたはローンチする別の機会を持つでしょう。反映するこの瞬間は、将来の成功のための確率を改善するために、ビジネスアイデアを調査、計画、および開発するためのより多くの時間を与えることさえできます。 

コメントを投稿

0 コメント